<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< メガネ攻略 | main | アナログな日々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ニャン子ちゃんは不器用?
かほさま帰札で、東北飯店へビール

ホットウーロンを頼んでる人が居て、
ここの熱燗は、「よくも…」というくらい激熱(レンヂで温めすぎ)だから、きっとウーロンも激熱だよ、という話から、猫舌トーク猫

「熱いうちにどうぞ」と言われると困ってしまう自分は、辛いのも苦手だし、デリケートなんだと思ってた。
あれ、かほさまは猫舌だけど辛党ね。

なんと、食べ方が下手だから熱く感じるらしい!?

そういえば、スプーンを縦にして口に入れると熱くないって聞いたことがあるひらめき
舌先は敏感だから、真ん中に乗せるといいんだって。
苦い粉薬を飲むときのコツと同じ?

意識してそういうふうに食べるならあずましくないから、冷めるまで待ちます、と言いたくなるかも。
やらなきゃ上手にならないのに。

ああっ!「猫舌だけど、食べたいものはわりとイケる」ってのは、ここに原因があるのかもしれませんね。
フィレンツェのハンバーグドリアなんて、罰ゲームみたいに熱いけど、ペロリと食べちゃうんだもの。
大好きな鶏鍋も、熱い汁を避けはしますが果敢に挑みますし。


ちなみに、私の兄は、幼稚園で早く食べたら褒められるのをきっかけに、早食いになってしまったそうです。
私もそこに通っていたら熱かろうが早食いになっていたかもしれませんが、
むしろ「困るわー」と嘆く母に、ゆっくり味わって食べることの大切さを教わってしまいました。いや、いいことなんだよ。

生い立ちにまで言及してしまうなんて、猫舌って、深い?

熱いものは冷まして味わおう。急ぐわけじゃないのだから。
…ラーメンは豪快にすすりたいけどねー。


***

ふと思い出しました。
朝、目覚めに白湯を飲んでいるのですが、ふーふーして冷ましている時にニャンさまが興味を示したので、ほら熱いよ、と差し出したら、ペロリと舌を出して、文字通り、跳び上がったのですげっそり
湯気でわかるだろうと思ったので、舌を出したことに私もびっくりしたのですが、、
舌先、熱かったろうね。。
| - | 13:12 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:12 | - | - |
コメント
行けなくて残念だったわ…ドタキャンごめんね。

さっき万城目学の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』という小説を読んでいたら
登場する猫が「猫舌っていうのは愚かな言葉だ」と言っているくだりがでてきたの。
「そんなもの猫に限らず、犬でも鼠でも、誰だって苦手さ。
 だいたい、食べる前にわざわざ食事を加熱するのは、世の中で人間だけじゃないか。
 生き物の舌は、そもそもが熱いものをなめるようには出来ていない。
 それなのに猫舌だってさ」
だそうです。
あまりにタイムリーだったので引用しちゃいました〜
| さちえ | 2010/04/26 11:03 AM |
ほほう。。
本来生き物はみな猫舌なのだねえ。

東北飯店の餃子は、冷めるまで待てないので肉汁が全部出てしまって悲しい限りです。
それなのに火傷してるし!
人間になりたい、とちょっと思う(笑)
| akikoh | 2010/04/28 10:28 PM |
コメントする